効率良く宣伝ができるホームページ作成と動画制作のすすめ

タブレット

あなたならどうする?京都の魅力を伝える場合

例えばあなたが「ネットで京都の魅力をアピールしろ」といわれた時、どんな行動をとるでしょうか。以前ならばホームページを作り、そこで宣伝するだけでも一定の効果はありましたが、今やホームページ作成だけでは宣伝効果は薄くなっています。今や宣伝にホームページ制作は企業には欠かせないものとなっており、より宣伝効果を高めるためには別のインパクトが必要になってきます。

サイト

動画でアピール

現在、宣伝はさらにワンランク高い手段が求められています。すなわち、動画です。多くの人を引きつける場合、文字よりも絵、そして絵よりも動画のほうが効果は高いです。いかに魅力的な文章を書いていても人の目に止まらなければ無意味です。まずは人の目をひきつけ、そして文章で心を動かす。コレが現在の宣伝の主流といえます。

[PR]

動画を宣伝に使うメリット

パソコン
no.1

魅力を伝えやすい

動画による宣伝は、絵とセリフによって、視覚・聴覚で情報を伝えます。魅力を映像で伝え、見どころを声で聞かせることができるのは映像にしかできないことであり、テレビコマーシャルに匹敵する宣伝効果が期待できます。ホームページ作成時に制作した動画を掲載すれば、ネット上で宣伝費を浮かすことも可能です。

no.2

コストを減らせる

上でも紹介しましたが、ホームページ上で動画を流すのは宣伝費を浮かすことが可能です。テレビコマーシャルと比較すると制作費は安価で済み、チラシに比べると宣伝効果は高い動画は初期費用さえあれば後は24時間フルで流し続けることが可能なのです。

no.3

全世界へ伝えられる

例えば京都のホテルなどを紹介する場合、京都で宣伝するよりも京都以外の地域に向けて宣伝するほうが観光客を呼び寄せやすくなりますね。そんな時、インターネットで動画を流すことでネット環境があるところなら世界中どこでも流すことが可能です。もちろん、海外に宣伝する場合は外国語も必要になるかもしれませんけどね。

no.4

情報を伝えやすい

例えば京都の風景を説明しろと言われて、文章で説明した場合よほど相手を引きつける文を書かなければ見向きもされませんし、文字だけだと目にとまることは少ないです。しかし、映像と音声で流すことで数十秒かかって伝えることを1秒で伝えることが可能です。例えば今読んでるこの項目、コレだけでもここを読むまでに10秒くらいかかっているんですよ。ここまで読んでいただきありがとうございます。

no.5

その気になれば低コストでも作れる

コマーシャルなんて作るの高そうと思っていませんか?実際には動画制作はその気になれば極めて安価で作ることができます。映像編集のソフトは無料でも色々ありますし、その気になればスマートフォンで撮ったビデオを宣伝としてホームページに流すことだってできますよ。

宣伝か、節約か

しかし、いくら動画がその気になれば安く作れるからと、素人が撮った動画というのは宣伝効果が極めて薄いです。言葉が聞こえにくかったり映像が見づらかったりとグダグダになることが多いからです。宣伝を考えるなら動画とホームページ作成はプロに依頼したほうが良いかもしれません。もし、プロの手に頼らずまっとうな宣伝動画を作る場合、最低でも以下のことに気をつけましょう。

宣伝動画を作る時に気をつけるべきこと

  • 動画編集ソフトが使えるか
  • 音声がきちんと聞こえるか
  • 太陽の光などで見えにくくないか
  • 撮った映像に著作権を侵害している要素はないか
  • 出演者との間で動画運用の取り組みを決めているか(出演者退職の時動画は引き続き使用可になるのかなど)

[PR]

[PR]
動画の制作は専門業者にお任せ!
手頃な価格で対応してくれる

[PR]
京都の専門業者にホームページ制作を依頼
依頼者に喜んでもらえるサイト作りが可能

広告募集中